So-net無料ブログ作成
検索選択

SAPPORO傘店

春のオーダー会の巡業もいよいよ終盤。
毎回各地に足を運びながら、もう少しで終わってしまうなあ、と安心と寂しさに気付くのはいつもこの頃。

残る会場は、今回久しぶりに新しく増えた¨札幌会場¨。
4月の北海道はまだまだ寒いのかな、などと思いつつ札幌でのオーダー会を楽しみにしている。

オーダー会はけっこうな初期から、東京京都神戸福岡で固定してやってきた。
固定したかったわけではないが、自分達で足を運び、一人々々オーダーをいただき、レジとかもやって、傘を作り、届け、なおかつ1本ずつしかない見本の傘を持って周るのには4会場が限界だった。

かれこれこの4会場でやってきたのだが、今回新しい地で開催できるのは、余裕ができたからでも限界を超越したわけでもなく、札幌にあるお店¨coin¨の店主・東さんのおかげだ。

札幌の方やイイダ傘店に詳しい人には有名だとは思うが、コワンは札幌市内の南1条西15丁目にある古いビルの一室にあるお店。繁華街や路面店ではなく、ここに来る人だけが入り口でインターホンを押し、解錠されてから3階にあがり、扉を開けてそっと買い物をする、そんな小さなお店。

この新しい会場の実現を振り返れば、9年くらい前に遡る。当時まだまだインターネットの情報も今ほどではなく、東京のオーダー会のお客さんは東京の人達がほとんどだった時代に、東さんは現れた。期間中のある日の閉店後、「札幌でお店をやっている人が本日きてくれました」とスタッフから聞いた。僕は他の接客中で挨拶できなかったが、そんな遠くからならお礼くらい伝えたかったなあ、くらいにしか思わなかった。
忘れたころの半年後、東さんはまたオーダー会にやってきた。少しは挨拶をできたが、「いつか札幌でもオーダー会をしましょ」と最後に言い帰っていった。

少人数だった当時は、何か新しいお仕事の話にお声掛けいただいても、傘作りに追われて返事をする余裕もなかったが、東さんはメールではなく期間中に来て、「いつかしましょ」と言うだけなので、返事をする必要もなく、「いつか」というのでプレッシャーもなく、何回かそうやって東京に足を運んでくれた。
そうして少し心構えができた頃に僕から連絡をしてみたところ、快く受け入れてくれて、結局3年後にコワンにて初めてのイベントが実現することになった。


それからは毎年お店でのイベントは定着して、毎年東京に打ち合わせに来てくれて、6年続いてきた。

仕事になってからの出会いでも、こういうつながり方、関係ができるんだなあと、前向きなお付き合いをさせてもらって、今思えば学ばせてもらった経験になっている。

出会って3年、イベントをやって6年、それで昨年も東京で会った時に話していて¨いつか¨と9年前に話していた¨オーダー会¨を「やりましょ」と実現したのが、今年久しぶりに新しく増えた札幌会場。

場所は変わらずコワンで。

----------

雪解けのころ、桜の開花もまだ、寒さが残る季節かもしれませんが、イイダ傘店・雨傘日傘展/札幌会場にぜひ足をお運びください。ビルの下まで来て301号室のインターホンを押してもらえると、解錠されて入り口が開きます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。